一喜一憂な毎日

保育士の資格までの日々と、我が家の、のんびりした日々を綴っていきます。

今年の筆記試験だって緊張

こんにちは👋



やっぱり、朝から、たいへ~ん。

ねぇねの朝練に送った後、

すぐ、家に戻り、

気持ちよさそうに寝ていた、

にぃにと、ちびちゃんを起こす。


まぁ、なかなか、目が覚めない

ちびちゃんなんて、無理やり、

布団から、出すと、

ヒーターの前で、うずくまり、

また、寝てるんだよね~😪


朝から、エネルギー、使いました💧


は~⤵



    📚    📖    📚


今年の夏の筆記試験は、

自然災害もなく、予定通りに、行われました。

去年と違い、後、2科目だから、

2日目だけ、行けばいい。

でも~

やっぱり、緊張してしまう。

今年も、ダメだったら、どうしようと、

マイナス的に考えながら、

試験会場へ向かいました。


着くと、まだ、前の科目の試験中。

外に、椅子が、少ないから、

次、受ける人は、床に、しゃがんで、

本を見てました。


筆記試験のピリピリモードは、

相変わらずでした。



まずは、子ども保健です。


これが、終わったら、

最後の保育実習論だけ。

お昼をはさみ、2時間以上空く。


とりあえず、車の中で、

お昼に、カロリーメイトを食べました。

この、お昼の時間に、子ども保健の

自己採点をしようかと思ったけど..

もし、合格点に達してなかったら、

落ち込んだ状態で、最後の保育実習論を

受けれなくなりそうだから、

自己採点は、すべて、終わり、

家に帰ってからしましたよ。



もうじき、地域限定の実技試験では?


わたしは、地域限定の方の申し込みを

考えましたが、

地域が、限定しすぎて、

その場所に行くまでが、大変だから、

申し込みをやめました。


明日は、実技試験の話しをします。


ひとつの参考例として、

読んで頂けたらと思います。



 🐼 🐰 🐼 🐰 🐼 🐰 🐼 🐰 🐼


昨日、なかなか、宿題をしようとしない

ちびちゃんに、イライラ💢

何回、言っても、しない。


夜になり、今度は、パパとする~と、

お風呂から、出て、

ちびちゃんの宿題を旦那は、手伝うが・・・

「分からない」

を連発。

もう、自分で考えようとしない態度に、

旦那もイラ💢イラ💢イラ💢

すると、旦那・・・

ちびちゃんを抱え、玄関の外に、出し、

すぐに、わたしに、迎えに行かせました。


ちびちゃんには、なにも、言わないほうが、

自立するのでは?

と、旦那は、言ってます。


保育所保育指針の人間関係のねらい③

社会生活における望ましい習慣や態度を

身に付ける。

とある。



まだ、我が家のちびちゃんには、

身についていないようです。


甘えがあるようで..

甘えるのは、悪い事じゃない。


でも..

ちびちゃんに、毎回、言うのは、

゛やるべき事をしないと、

やりたい事も、できない゛

と、言ってますが、まだ、まだ、

わかってくれなさそうです。


ゆっくりと、ちびちゃんの成長を

見守っていきます。


ちなみに、宿題の方は、

めちゃ、ちびちゃんが、

怒られていた様子を見て、ねぇねが、

かわいそうに思ったのか、

ねぇねが、教えながら、宿題を

させてました。


ありがたい🎵


さて、今日は、素直に宿題を

するだろうかなぁ😓



🙋最後まで、読んで頂き、

ありがとうございました。

26年度に残した不合格の科目

こんにちは✨



午前中は、ずっと、☁曇りがちだったけど..

お昼頃から、太陽が、出てきて、

明るくなりました。



今日から、しばらく、旦那が、

朝、早くの出勤。

その分、わたしも、いつもよりは、

早く、起きなきゃ。

旦那のお弁当を作ります。

その前に、わたしは、朝、起きたら、

床掃除、トイレ掃除をしてから、

朝ごはんを作り出すんです。


体を少し、動かさないと、頭が、まわらず、

よけい、朝、しんどく感じますね~


いつもは、ねぇねは、部活の朝練があり、

旦那が、出勤前に、送っていたけど、

旦那の出勤が、早くなってしまったから、

明日からは、わたしが、ねぇねの朝練に、

送っていき、しかも、速攻、家に戻り、

まだ、夢の中の、にぃにと、ちびちゃんを

起こさなきゃいけなくなりました💧



また、にぃにと、ちびちゃんの、

寝起きが悪く、なかなか、起きな~い。



ふ~⤵明日から、しばらく、大変だ😅




26年度試験に、残してしまった、

不合格の科目を、

後、2科目だと思いながら、

勉強を始めました。



が・・・


勉強を始めだしたのが、今年の始め。


わたしは、〇ーキャンで、

テキストを注文したもので、

一応、送られて来たテキストは、

全部、目をとおしてあるので、

今度は、過去問を中心に、解くことに

しました。


子ども保健は、問題も、

解いたりしましたが、〇ーキャンの

テキストだけでは、説明が、

おおまかな感じなので

身体的、精神的な障害をネットで、

🔍調べたりしました。


障害的なことは、わたしは、

無知なこと。

より、くわしく、知りたかったんです。



保育実習なんて、音楽が、苦手。。


あの、Cコードなどの、コードネームなんて、説明を読んでも、さっぱり、

ちんぷんかんぷん。

だから、楽譜に使われる標語と一緒に

丸暗記です。


ノートに、🎹鍵盤の絵を書き、

必ず、勉強を始める前に、

Cコードは、ドミソと、書いた鍵盤の

絵に、指で、押さえて、

毎日、繰り返しました。


やはり、努力は、実るね。

26年度試験は、音楽に関する問題は、

全部、間違っていたけど、

27年度試験は、全部、正解⭕



子ども保健は、ギリギリセーフで、

合格でしたね。

まだまだ、知識が、足りないかな😰

      🍀    🍀

話が、変わりますが・・・

ねぇねが、小学校一年生の時の

担任の先生は、退職間近の大ベテラン。


かなり、厳しく、ねぇねは、よく、

朝になると、

゛頭が、痛い゛゛お腹が痛い゛

と、言ってました。

これは、子ども保健にある、

心身症では。。。


心身症・・・精神的な不安などから、

心理的要因で、身体症状がでてくること。


まだ、年齢が、低いほど、自分の感情を

言葉に表現できず、心のサインを

身体で、表現しているらしいです。



今も、ねぇねは、言ってます。

一年生の時が、一番、嫌だったと。


でも、その先生が、退職した後、

しかも、旦那の実家のご近所さんなんです。

孫が、できたからと、他のご近所さんと、

お祝いすることになって、

わたしが、行くことになり、

お祝い来た他のご近所さんには、

その先生、

「もう、生徒が、言う事、聞かないから、

ストレスで、食べて太った。」

と、そんな事を言ってましたが・・・



ストレスを溜めてたのは、生徒のほうだ!


と、叫びたい気持ちを他のご近所さんの

手前、心の叫びにしました。



ママ友の、子どもも、心身症になってた

ようです。


この先生、気に入った生徒、

気に入らない生徒の差も、激しかったようです。


心の健康は、年齢が、低いから、

精神障害になるとは、限らず、

どの年代にも、起こること。



うつ病も、今現在、多い。

子どもも、うつ病になってしまうからこそ、

保育試験に、出てくるんでしょうね。



🙋長々と、お付きあい、

ありがとうございました。

保育士試験結果で、落ち込む🙍⤵

今日は、☁曇り日和。


旦那は、会社に言われた試験を受けに行きます。でも・・・勉強していない様子。

昨夜は、仕事に疲れはてて、ごはんを食べた後、お風呂に入れず、寝てしまいました。


朝、起きて、朝風呂に入ってから、

会社から、もらっていた、テキストを見ること、1時間。

急に、大声で、

「あ~~💢」

と、わめいて、

「もう、やめる~<(`^´)>」

と、勉強をやめちゃいました💧


あら、まぁ😅


今は、のんびりと、テレビを見てます。



わたし自身、旦那と違い、

子どもの居ない昼間に、勉強をしてました。


けっこう、頑張ってたはずが・・・


保育士としての、知識が、まだ、足りないからこそ、不合格してしまったのだろう。


そう、自分に、言い聞かせて、

落ち込んだ自分を自分で、励ましてたけど、

落ち込んだ自分から、

なかなか、脱皮できなかったです😢



後、2科目❗


だけど、不合格。


この、葛藤が、恥ずかしながら、

2ヵ月 も、続いてしまった。


旦那から

「後、2科目だけだから、来年、受けたら。」

と、背中を、押してもらったけど..


なかなか、勉強を始めなかったです。



最終的、気合いが、入ったのが、

子どもの言葉。

別に、優しい言葉でもなく、

励ましの言葉でもない。



「ママには、無理やなぁ。保育士資格、

取れないなぁ」


この、たった一言に、ウジウジしていた

自分から、💣ドカ~ンと、脱皮。



ママだって、やったら、できる!


家族ども、見ておけよ(*`Д´)ノ!!!


        と、 


気合いが、入り、また、勉強再開です。


ほんの少し、前回と、勉強方法を変えて

27年度試験に、向けていきました。



また、次回は、わたし自身の勉強を

書きますね~



あっ聞いて、聞いて


昨日、ちびちゃんが、近所の小四の女の子

と、男の子二人と、遊んでました。


わたしのちびちゃんは、年下ですが、

女の子は、何回か、家にちびちゃんを

遊びに誘ってくれて、遊んでいてくれて

いました。


まっ、安心してたけど・・・


しばらくしたら、ちびちゃんが、

泣きそうになりがら、帰宅。


左足は、靴がなく、裸足。


女の子に靴をとられてしまったみたい


これは、やり過ぎ❗


だから、小四の女の子のところへ行き、

「ちびちゃんは、泣きそうになってるよ、

これは、やり過ぎだよね。」

と、言って、謝ってもらいました。



歳上の子は、年下の子と、遊ぶと、ちょっと、調子にのりすぎて、自分の方が、つい、

偉くなった気分になるときがあり、

いじめてしまう。



保育所保育指針にあるなかで、


人間関係の⑩

身近な友達との関わりを深めるとともに

異年齢の友達など、様々な友達と関わり

思いやりや親しみを持つ

とある。


これは、低年齢の幼児だけでなく、

児童になる子にも言えますね。


年上の子は、年下の子と、接することで、

思いやりが育ち、年下の子にとって、

いろんなルールを覚えて、友達の

接し方がわかり、成長する。


と、言うこと。


勉強が、終わり、この指針を、忘れそうになるが、こうして、子どもの、やりとりを

見ていたら、保育所保育指針は、

いつまでも、子育てにも、役立つ。


少しずつ、このブログに、

保育士試験に、出てくる言葉を出していこうと、思います。

今から、保育士資格を取るかたのため、

必死で、覚えるより、

なんとなく、このブログを見て、

書いてたなぁと、思うほうが、覚えやすいかも。

私自身、忘れないためでもありますが。


必死で、覚えると、すぐ、忘れちゃうから。



なんだか、今日は、長々になって

しまいました。



最後まで、読んで頂き、

ありがとうございました("⌒∇⌒")